読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑談 苦手 克服 ブログ☆

私は雑談が苦手でブログを通して雑談が得意になりたくはじめました。とにかく雑談を克服するためにどんどん記事を書きます。そしていつかブログだけでなく人と雑談できるようになりたいと思います。

女性ホルモンを増やす!漢方薬が効く!生薬のめぐり湯を紹介!

f:id:look191:20170119210905j:plain

女性ホルモンを増やすには漢方薬が効く!という事で今回は生薬のめぐり湯を紹介したいと思います!

 

漢方薬が女性に効く理由!

そもそも漢方薬が効果を発揮する症状は

冷え性、肩こり、不妊治療、生理痛、不眠、頭痛、

更年期、むくみ、体質改善、妊娠時期の病気

このような女性特有の症状である冷え性・月経に伴う症状・更年期などは漢方薬の得意分野なのです。

女性の不調は主に「血の不足」で起こります。そのため漢方薬は女性の「血を補い、血行を良くする作用」があるので、漢方薬が女性に効くのではないでしょうか。



漢方成分を配合した入浴剤を勧める理由!

漢方薬の効果が発揮されるのは睡眠時だと考えています。

美と健康を維持するためには、その日の肉体的疲労や精神的なストレスを睡眠により取り去り、体の本来持つ新陳代謝の力で心身ともにリセットし、 快活に生活を送っていくことが重要だと考えます。

そのためには、「ぐっすりと眠れる体」が必要になりますね。

ぐっすりと眠れる体を作るには、漢方成分を配合した入浴剤で入浴するが大事だと思います。そこで漢方成分を配合した入浴剤を勧めています。



入浴に関する豆知識!

お風呂に浸かる事をお薦めします。大事なのリラックスする事とその日疲れをお風呂に浸かる事でリセットする事です。

シャワーでも体の汚れを取る事は可能ですが、あくまでも「心身ともにリセット」するです。

入浴タイミグは、「安眠効果」を得る為に睡眠する2~3時間前に入浴をする事。

入浴時間は「20分以上」が目安。

お風呂の温度は春~秋38℃で冬は40℃~41℃

入浴の効果で体の疲れを取り、健康的な毎日を送る為にも毎日の入浴をお薦めします。



まとめ!

漢方薬が女性ホルモンへの効果がある。

それは血を補い、血行を良くする作用があるから女性特有の症状に効果がある。

入浴は毎日!20分以上!あくまでも「心身ともにリセット」を心がける。 好きな音楽を聴きながらとかもお勧めです!

 

もしこの記事が気に入って頂けましたなら、はてなブックマークtwitter 等でシェアをお願い致します。非常に励みになりますのでよろしくお願いします。