読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑談 苦手 克服 ブログ☆

私は雑談が苦手でブログを通して雑談が得意になりたくはじめました。とにかく雑談を克服するためにどんどん記事を書きます。そしていつかブログだけでなく人と雑談できるようになりたいと思います。

なぜ移動販売式の石焼き芋屋が潰れないか?それは儲かっているから!儲かる理由を5つ紹介!

雑談 儲かる

f:id:look191:20170123145834p:plain

移動販売式の石焼き芋屋が潰れないか?疑問に思ったことはありませんか?それは儲かっているです!そこ今回は石焼き芋屋が儲かる理由を5つ紹介したいと思います。もしこの理由に納得したのなら、石焼き芋屋を開業する事ををお勧めします。

 

 

理由1 初期投資があまりかからないこと!

実際始めるにあたって必要になるのは車ですね!石焼き芋屋さんのと言えば「軽トラック」をよく見かけます!軽トラックを自分で改造して場合約70万~100万円ぐらいかかると言われています!しかし自分で出来なくてもこういったサイトがあれば↓↓↓

 

www.yakiimo.org

必要な軽トラックがすべて丸投げで作ってもらえちゃいます。上のサイトで計算してみたところ約50万円あれば大丈夫そうですね!

もっと安くやるためには軽トラックなどを中古で手に入れればさらに安く開業できるとは思いますが、手間を考えれば作ってもらうことをお勧めします。

安く仕上げたとすれば初期投資は30万円からかかっても100万円ぐらいではないかと思われます。



理由2 石焼き芋が日本人に馴染みがあること!

「い~し~♪や~き~いも♪、やきたて~♪♪」この音楽にすごく馴染みがありますよね。これはすごく大事なことで、この音楽を聴くことで寒い季節がやってきたなと思いませんか??これは商売をやる上でかなり有利だと思います!

なぜなら見ず知らずの人が始めても安心して焼き芋を買いに行けるからです。物を買うときに会社やメーカーを確認しますよね?その会社やメーカーにどのくらい信用があるか見てますよね??

その点石焼き芋屋さんはとても高い信用を得ています。馴染みがあるから疑わずに来た石焼き芋屋で買うことができるのです。

初心者が商売をするにあたってこれほど信用を得ている商売はないと思います。



理由3 意外にライバルが少ないらしい(噂)!

これは確定的な話ではないのですが、意外にライバルが少ないらしいです。

よく考えてみてください、家の周りに良く石焼き芋屋さんが来ますか?来ませんよね。石焼き芋屋スポット?ではない限り、そうたくさんは来ないと思います。

私も今まで何十年と生きてきましたが、1日に何回も石焼き芋屋さん会うことはまずなかったと思います。

需要がある限りライバルが少ない方が商品はたくさん売れます。儲けることができるチャンスかもしれません。



理由4 市場が未知数であること!

石焼き芋屋市場がまだまだ未知数であることは大きな可能性を秘めています。市場開拓がまだされていないということも大きな要因だと思います。

これは上記の理由から、「ライバルが少ない」ことや「日本人に馴染みのある」ことそして「市場が未知数」であること。

これは言わばビジネスチャンスではないのでしょうか、もっと言えば儲かるチャンスがあるということだと思います。

ましてや「石焼き芋販売スポット」が見つかれば物凄く儲かる商売なのかもしれません。



理由5 専門的な資格や知識・許可が必要ないこと!

これはわりと有名な話で、特別な許可が必要ないということです。

荷台に乗っているかまどはおろすことが可能なため荷物扱いになり、車検の対象外となります!

焼き釜は火を扱うので消防法の関係になりますが、建物に関しては規制をかけていますが車に対しては規制はないそうです!

食べ物の販売は保健所の役割で食中毒が出なければほぼ関係なしです。石焼き芋は食品衛生上の営業許可は必要がありません!

昔から日本に馴染みがあるため、自主管理が任されているのが現状です。ただし組合みたいなものがあるようなのでそこには加入しなければいけないらしいです!営業エリアとかかぶらないようにルールがあるそうです。



初心者でも商売として成り立つかも!

このように儲かる理由は初期投資が少なくていい事、許可が特に必要ないことです。さらに日本人に馴染みのある商品であることから。需要があればどんどん売れていく商品だと考えられます。

ただし一つ弱点があります。この石焼き芋屋さんは、季節限定商品となります。秋から冬の終わりぐらいまでしか商売はできないかもしれません。でも北国に行けばもっと、長いスパンで販売することは出来ると思います。

初心者でもできると言いましたが、商売をするというのは大変きびしい世界です。この記事を鵜呑みにせずしっかりと調べてから開業してください!

 

もしこの記事が気に入って頂けましたなら、はてなブックマークtwitter 等でシェアをお願い致します。非常に励みになりますのでよろしくお願いします。